最近の時代背景の中でのパソコンの性能を交えて私のパソコンのメモリを確認します。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

メモリ事情に関して

前項では、ローンや分割払いについて確認の文章を記述する前に「私がパソコンを買い換える理由」の部分を検証していました。
この項目でも同様の内容について検証の文章を記述してみたいと思います。
パソコンの性能の中でのCPUに続くメモリの部分について確認していました。
私が今使っているパソコンはメモリの部分が不甲斐ない状況であると記述してみましたが、実際にはどのような意味でしょうか?
最近のパソコンショップや電気店に並んでいるデスクトップパソコンのメモリの性能を確認してみると大体4Gから8Gあたりの数字になっています。
中古で購入するタイプのメモリの性能の数字ならば大体1Gから4Gというところです。
もちろん、メモリを増設するなどのカスタマイズによって実際の数字やメモリの性能は異なってきますが、どのような最新型のパソコンであっても「設定されている最大要領を超えることはない」というのがメモリの事情になってきます。
つまり、メモリスロットが2つで8Gのメモリを搭載可能であれば最大16Gのメモリ性能に発展するということになります。
そんなメモリの時代背景の中で私のデスクトップ型パソコンのメモリの性能は1Gにも満たない状態です。
言わなくても大体わかると思いますが、結構厳しい性能や数字になります。
「だったら今のパソコンにメモリを増設すれば良いじゃん」と思うかもしれませんが、「この先何年使うか分からないパソコンにメモリを増設するならば買い換えた方がマシ」というのが私の考え方になります。