私がパソコンを買い換える理由としてメモリの他にOSが古くなるという部分があります。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう1つの理由

引き続き、ローンや分割払いを活用して私がパソコンを買い換える理由について検証してみたいと思います。
前項までの時点では金銭的な理由からのパソコンの買い替え理由ではなく「現実的な性能やスペックの理由からのパソコンの買い替え理由」について検証していました。
その段階で主にメモリ不足の部分がピックアップされてきましたが他には何もないのでしょうか?
他の細かい理由を1つ1つ挙げていくとキリがないのですが、メモリに続く最大級の買い替え理由を1つだけピックアップしてみると「現時点でのOSがだんだん時代背景にマッチしなくなってきた」という部分が出てきます。
私が現在活用している中古パソコンに搭載されているパソコンOSはWindowsXPになります。
最近のパソコン業界でも私と同じようにWindowsXPのOSを活用している人は沢山いますが現在の主流はVistaや7が最新のOSになります。
世界的に見てもVistaはあまり評判が良くありませんので実質Windows7が現在のOSの主流ということになるのでしょうか?
また、WindowsXPのサポート期間が2014年の4月までになっています。
残り1年半ほどになってきましたのでOSを新しく乗り換える人や私のように新しいパソコンを購入することで自然と最新型のOSに乗り換える人が増える時期に差し掛かっています。
この項目で記述できる残りのページ数や文字数が無くなってきましたので続きの文章の記述を次項に施してみたいと思います。